ギイ・ダンガンのクラリネットの本

今日はクラリネットの本のご紹介です♩

 

私は高校からクラリネットを始めました。始めて間もない頃、父が珍しく私に本を買ってきたのです。

 

『はい、これ。楽器をやるならこう言う本を読んだいた方がいいよ』

 

と、机の上にポンと置かれた本。

 

フランスのクラリネット奏者、ギイ・ダンガンのクラリネットの本

と言うもの。

内容は楽器始めたばかりの人向けに、楽器の組み立て方構え方などの基礎の基礎から、クラリネットのリードや楽器が出来るまでの工程基礎練習の方法オススメの教則本とエチュード(練習曲)一覧などに加え、中級者向けに、モーツァルト協奏曲等の有名な楽曲を取り上げ、演奏する際のポイントの紹介、更に上級者向けに、現代音楽の奏法について(重音や4分の1音の運指等)も詳しく書かれています。

 

クラリネット人生には、一冊お供に、そばに置いておいても良いかも知れません
(=´∀`)人(´∀`=)

 

たまに開いてみると、今でも勉強になります。

 

 

今は中古しか出回っていないのかな?気になる方は見てみて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です